サイトを立ち上げた直後から始めるべきSEO対策5選!

サイトを立ち上げた直後から始めるべきSEO対策5選!

副業収入の獲得や自社の認知度向上など、様々な理由でサイトを立ち上げる方は近年増えています。

どんな目的にせよ、サイトを立ち上げた以上なるべく執筆した記事で検索上位を獲得する必要があります。

そこで今回の記事では、サイトを立ち上げた直後から始めるべきSEO対策を厳選して5つご紹介します。

上位を狙いたいキーワードを選定する

サイトを立ち上げた直後最優先で行うべきSEO対策は、上位を狙いたいキーワードの選定です。

上位を狙いたいキーワードを選ぶ際には、自社の商品やサイトのイメージと関連性の高いキーワードを選定するのが大切です。例えば経営コンサルタントの会社のサイトであれば、経営やマーケティングの分野に関連したキーワードを選定します。

また関連性に加えて、検索ボリュームも意識する必要があります。例え検索1位を取れても、月間の検索数が10未満のキーワードではほとんど集客効果は見込めません。サイト立ち上げの際には、ある程度検索ボリュームが大きいキーワードを選定しましょう。

キーワードを基に読者のニーズに合う記事を書く

キーワードを基に、読者のニーズに合う記事を書くのもサイト立ち上げ後のSEO対策としては非常に重要です。具体的には、タイトルや記事本文に上位を狙いたいキーワードや、そのキーワードに関連した単語を重点的に含め、Googleに評価されやすくするのが大事です。

ただしただ単に単語を入れるだけでは中身がないので、読者のニーズに対して的確な答えを示すような記事を書くという意識も大事です。例えばマーケティングの専門用語であれば、わかりやすく単語の意味や使い方を記事で示す必要があります。サイトの読者をどの層にして、どのような記事が刺さるのかを考えながら記事を作る必要があります。

立ち上げ直後のサイトの更新頻度は高めに

サイトを立ち上げた直後は、SEO対策上なるべく記事の更新頻度は高い方が好ましいです。

1ヶ月に1本とかでは、よほど独特で面白い記事を書かない限り、いつまでたってもサイトへの流入数を増やすのは難しいです。サイト立ち上げ直後は、なるべく毎日〜2日に1本記事をあげるのがおすすめです。

記事を公開する度にインデックス登録をリクエストする

サイト立ち上げ初期は、記事を公開する度に「Google サーチコンソール」というツールを使って、インデックス登録をリクエストしましょう。

サイトの更新内容がGoogleの検索エンジンに反映されるには、Googleのシステムに更新されたことが認知されなくてはいけません。しかし受け身で待っていても、特にサイトを立ち上げた初期は中々すぐには認知してもらえない場合が多いです。

そこでサイトを立ち上げてからしばらくは、なるべく早めに検索エンジンに登録してもらうために、インデックス登録をリクエストする必要があるのです。

執筆した記事がしっかり毎回インデックス登録されるかどうかは、後々のSEOにも影響を与える可能性があるので必ず行いましょう。

SNSの活用により被リンクの獲得数を増やす

これまでご紹介したSEO対策(キーワード選定やニーズに合う記事の執筆など)は内部対策と呼ばれるものです。

サイトを立ち上げた後記事の検索順位を上げるためには、実は内部対策だけでなく「外部対策」というSEO対策も重要となります。

外部対策とは、簡単にいうとサイトの外部に対して行うSEO対策です。具体的には、被リンク(他のサイトなどにリンクを貼られること)の数を増やしたり質を高めるSEO対策を外部対策と呼びます。

被リンクを効率的に集める上でおすすめなのが、ツイッターやフェイスブックなどのSNSの活用です。SNSでフォロワーを増やし、そこで記事を後悔する度に宣伝することで、記事の内容を面白いとか為になると思った人から被リンクを貰える可能性があります。

SNSをうまく活用すれば、情報の拡散により多くの被リンクを得られる可能性もあるので、サイト立ち上げ直後から積極的に実施したいSEO対策でしょう。

まとめ

今回の記事では、サイト立ち上げ直後から始めるべきSEO対策を5つご紹介しました。

基本的なSEO対策ばかりお伝えしましたが、逆にいうと今回ご紹介したものを実践すれば十分な効果を得られます。

サイトを立ち上げた際には、是非とも今回ご紹介したSEO対策を活用してみてください。

CTAテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ボタンテキスト

メニューを閉じる