SEO対策対策キーワードに沿った記事コンテンツを制作する流れと意識するべき3つのポイント

SEO対策対策キーワードに沿った記事コンテンツを制作する流れと意識するべき3つのポイント

最近ますます取り組む企業が増えてきたコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは新規顧客だけでなくリピーターやファンも獲得できるということもあって、その重要性がますます高まっていくことが予想されます。

実際にこれからコンテンツマーケティングに取り組んでみようと考えている企業も少なくないでしょう。

そこでこの記事では、コンテンツマーケティングをおこなっていくうえで最も重要な要素になるコンテンツ制作の方法について詳しく解説していきたいと思います。

制作の流れや重要なポイントについて解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

SEO対策キーワードに沿った記事コンテンツを制作するときの流れ

SEO対策キーワードに沿った記事コンテンツを制作していく場合、重要になってくるのが制作の流れの把握です。

最初は慣れるまでに時間がかかるかと思いますが、流れをつかんでおくことでどんどんコンテンツ制作をスムーズにおこなえるようになるので、しっかりと把握しておきましょう。

対策キーワードに沿った記事コンテンツの制作は以下のような流れでおこなっていきます。

 

キーワードを選定する

まず初めにおこなっていくのがキーワードの選定です。

どういったキーワードで上位表示を獲得したいのか、また、そのキーワードで上位表示することでアクセスの増加やコンバージョンの増加など、どういったメリットが得られるようになるのかを考えて選定していきましょう。

あまりメリットが得られないようなキーワードで上位表示しても仕方がないので、しっかりとしたメリットのあるキーワードを選定するよう注意してください。

リサーチをおこなう

対策キーワードが決まったら、そのキーワードで検索するユーザーをイメージしながらリサーチをおこなっていきましょう。

実際にそのキーワードで検索をおこない、上位表示されているサイトのコンテンツを隅々までチェックしていきましょう。

そうすることで、最低限必要な項目がハッキリとしてきます。

また、Yahoo!知恵部などのQ&Aサービスに該当のキーワードや近いキーワードを入れてのリサーチもおすすめです。

 

コンテンツの構成を考える

リサーチが完了したら、リサーチ結果を元にコンテンツの骨組みとなる構成を考えていきましょう。

構成を考える場合、ストーリーを意識して考えると綺麗な構成ができあがります。

例えば、

〇〇のような悩みをお持ちではないですか?

その悩みは〇〇で解決することができますよ

なぜなら、〇〇だからです

〇〇を使って悩みを解決しましょう(まとめ)

というような流れです。

この構成がしっかりできているとユーザーは違和感なく文章を読み進めていくことができるようになります。

 

ライティングをおこなう

構成ができあがったら、後は構成に沿って本文の肉付け作業であるライティングをおこなっていきましょう。

ユーザーが違和感なく読み勧めることができる、論理的な文章を意識しながらライティングをおこなっていきましょう。

 

校閲をおこなう

ライティングが完了したら、コンテンツを公開する前に必ず校閲をおこなうようにしてください。

誤字脱字のあるようなコンテンツをユーザーは読んでくれません。

その情報はGoogleにもしっかりと伝わるので、SEO的にも大きな影響が出てきてしまいます。

誤字脱字がないか、文章的におかしな部分はないかなど、しっかりと確認していくようにしましょう。

 

対策キーワードに沿った記事コンテンツを制作するときに気をつけたい3つのポイント

先ほど紹介した流れに沿って記事コンテンツを制作していく場合、特に意識しておきたいポイントが以下の3つです。

このポイントを意識しながらコンテンツを制作するのとしないのとではコンテンツのできに大きな差が出てきてしまうので、しっかりと意識しながら制作するようにしましょう。

 

リサーチの段階で良いコンテンツかそうでないかが8割決まると考える

対策キーワードに沿った記事コンテンツを制作するうえで最も重要なのがリサーチです。

評価されるコンテンツになるかどうかは、このリサーチの作業で8割決まると言っていいでしょう。

上位表示されているサイトのコンテンツを一つ一つしっかりと確認し、必要な項目と上位表示されているサイトに足りていない項目を洗い出していきましょう。

 

ペルソナを意識する

コンテンツを制作する場合ユーザーのことを考えながらおこなっていくべきと解説してきましたが、そのために必要なのがペルソナの設定です。

架空でもいいのでそのキーワードで検索するユーザーを設定しておくことで、ユーザーの心に響くコンテンツを制作することができるようになります。

1ページ1キーワードを意識する

対策キーワードに沿った記事コンテンツを制作する場合、1ページで対策していくキーワードは基本的に1つになるということを理解しておきましょう。

あれもこれもと対策キーワードを詰め込みすぎてしまうと中途半端なコンテンツが出来上がってしまい、どのキーワードでも上位表示されなくなってしまうので注意してください。

 

まとめ

対策キーワードに沿った記事コンテンツを制作する方法について詳しく紹介してきました。

コンテンツを制作していく場合には、今回紹介した流れで進めていくようにしてください。

そうすることで、よりスムーズにコンテンツ制作を進めていけるようになるはずです。

また、あわせて紹介したポイントもしっかりと意識しながら制作していくようにしてくださいね。

 

 

CTAテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ボタンテキスト

メニューを閉じる