検索順位が上がらない。そんな人のための即効性のあるSEO対策4つの方法

検索順位が上がらない。そんな人のための即効性のあるSEO対策4つの方法

「どうして毎日ブログを書いているのに検索順位が上がらないのだろう……?」

実は検索順位を上げるにはSEO対策というものをしないといけません。

なぜならSEO対策をしたことで検索順位が上がり、PV数も大幅に増えるという事例がいくつもあるからです。

この記事では基本的にも関わらず効果抜群のSEO対策方法を4つ紹介していきます。

紹介するSEO対策を実行することで、と検索順位が上がらないという悩みから解放されることでしょう。

 

SEO対策とは検索エンジン最適化

Googleなどの検索サイトを使用し、自分の検索順位を上げるにはSEO(Search Engine Optimization)が必要です。

理由はSEO対策をすることで広告表示されているのとは別に、検査エンジンから高い評価を受けると検索順位を上位に表示させてくれます。

結果的に検索上位に表示される=自分のブログを見てくれる人が多くなる可能性が高い。ということになります。

 

上がらない検索順位を大幅に上げる4つのSEO対策

SEO対策は数多くあるのですべてを紹介することはできません。

ですので、SEO対策として効果の高い厳選した4つを紹介していきます。

 

キーワードの選定

記事を書く、その前にキーワードを選びましょう。

理由はざっくりと記事を書くよりも、いくつかのキーワードを入れておいた方が、検索されやすいからです。

キーワードを選ぶときはGoogleのキーワードプランナーを使いましょう。

例として『ビットコイン』キーワードプランナーを使って検索をしてみます。検索結果が以下の画像です。

 

ビットコイン自体の価格は大きく上がっています。ですがボリューム自体はそこそこですが、競合性はまだまだ低いといってよいでしょう。

また入札単価は高ければ高いほど競合性が高くなります。

このようにキーワードを選定し、キーワードをGoogleキーワードプランナーで調べることで、どのようなキーワードを使うと検索されやすいか否かが分かります。

 

ターゲット層・顕在ニーズと潜在ニーズを明確にする

誰に向けてブログを書くのかを考えなければなりません。

ターゲット層を明確にすることで、誰に対してどのような内容を書けばいいのかがはっきりしてきます。

『20代男性』や『10代の女子』のようなものです。

またターゲット層が決まったら顕在ニーズと潜在ニーズを決めましょう。

顕在ニーズとは、顧客が欲しいものをはっきりとわかっていること。

潜在ニーズとは、その情報を知ることで解決しあたい悩みや実現したい願望のことです。

一つ例題でターゲット層を決めたうえで、顕在ニーズと潜在ニーズがどのようなものかを書いていきます。

例えば、あなたが20代の男性で『異性にモテたい』としましょう。この『異性にモテたい』というのが顕在ニーズです。

ではそして異性にモテるためには何をすればいいのかというと、『自分に合った髪型にすること』や『流行りのファッション』にするなど、異性にモテるための答えを提示したものが潜在ニーズとなります。

 

まとめ

  • ターゲット層:20代男性。
  • 顕在ニーズ:女性からモテたい。
  • 潜在ニーズ:女子に好まれる髪型やファッション。

このようにターゲット層と顕在ニーズと潜在ニーズを決めることで、誰に向けて記事を書けばいいのかを明確にすることができます。

 

目次をつくる

自分の記事が何について書いてあるか、またどのような内容が書いているのかを書いておく必要があります。

そのために必要なものが目次です。結構検索順位が上がらないと悩んでいる人は目次を作っていなかったりします。

以下この記事の目次です。

 

目次を作ることで、あなたの書いた記事がどのような記事で、また何が書いてあるのかがはっきりすると思いませんか。

加えてブログをみた人がいち早く自分の読みたい部分に移動できるというメリットがあります。

 

まとめ

特に重要なものを紹介していきましたが、SEO対策というのはまだまだたくさんあります。

記事を書く際に重要なことは、ユーザーの視点というものを考えるということです。

そうすることで、検索順位が上がらないといった悩みは解消されることでしょう。

 

 

CTAテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ボタンテキスト

メニューを閉じる