結果が出なければ意味がない

完全成功報酬型SEO対策・SEMサービス

SEO( Search Engine Optimization )はサイトを検索上位表示する上で非常に大切な方法になります。
しかしながら、Google や他検索エンジンサイトの仕様は年々変わり、中小企業では社内で行うのが難しいものです。

そこで、多くの SEO 対策代行会社が出てきていますが、お金を投下しても結果が出てこなければ意味がありません。経営を行う場合、そのような不確定要素の高いところに、お金をかけたくないのではないかと思います。

そこで弊社では、完全成功報酬を取らせていただいております。

選定したキーワードが 1~3ページ目に掲載されるまでは 1 円もお金は発生致しません。それと同時にサイトからの問い合せ、ブランド力も激増しているかと思います。結果にコミットした弊社の SEO 対策の特徴は以下の 5 つです

SEO対策レポート

SEO対策をするうえで大切なことを踏まえながら、どのようなことを行ったのか月次でご報告いたします。 「SEO対策頼んだけど、何がどうなっているのかわからない!」ということが無い様、透明性の高いレポートをご提供。

月次進捗報告

経営視点で、SEO対策の進捗具合やCVRの変化、流入元、離脱率をお伝えします。 今後のサイト運営指針となるようなものをお渡しいたします。

毎月マンツーマンでの対面コンサルティング

月に1回の対面コンサルティング。 SEO対策進捗のご報告を兼ねて、サイト運営で困っていることを一緒に解決させて頂きます。

電話&メール、LINEでのサポート

SEO対策などのご質問は電話やメール等で受け付けております。 不明点はすぐに解決してサイト運営にいかしていけるよう、二人三脚で課題に取り組みます。

成功報酬体系に即した明朗会計

CREATASの支払いは非常に明確で、上位表示をした場合の報酬額を事前に決めておきます。
なので、余計な経費が発生するなどのことは心配はありません。

当社が SEO対策会社として「 選ばれる 3 つの理由 」

理由その1:SEO 対策の実績をしっかりと公開しているから

SEO 対策の実績を当社ではしっかりと公開させていただいております。(お客様の許可をいただいて掲載させていただいております。)

当社独自の内部対策を徹底したSEO対策、そしてGoogleなどの検索エンジンを守った外部対策を行なっているからこそ自信を持ってサービス提供させていただいております。

東京中小企業のSEO対策の結果を公開

理由その2:SEO 対策のペナルティを 1 回も受けたことがないから

当社では、SEO 対策のペナルティを1度も受けたことはありません。

なぜなら、SEO 内部対策を中心行なっていくからです。

サーバーやコピーライティングなど細部にこだわった対策ができるCREATASのSEO対策であれば、ペナルティーだけではなく、検索エンジンの仕様の変更にも強い施策が打てます。

SEO対策としてペナルティーを受けない内部対策

理由その3:どのようなSEO対策をしているのか明確だから

よく打ち合わせをしているとこのような声が聞こえてきます。

「SEO対策会社が何をしているのかわからない。」

当社では、SEO 対策に必要な本質部分をお伝えし、実際に担当者様とどのような作業を進めていくのかお伝えし、その都度変更部分や行なったことをお伝えするようにして、透明性を大事にサービスを提供しています。

東京中小企業のSEO対策として何をしているか

SEO対策までの流れ

東京など首都圏の企業様への毎月限定10社のサイト調査

貴社のウエブサイトのWEBサイトのヒアリング調査

東京や埼玉、神奈川、千葉などの首都圏にございます方は対面にて、もしくは希望がございましたらZOOMを使用してのヒアリングを行なっております。 、現在の貴社のWEBサイトの状況をお伺いし、更に経営者様の理念や創業の思いをお伺いし全体的なウエブサイトのブランディングかつ集客に合致したキーワードのご提案、サイトの内部構造、コンテンツ提案をさせていただきます。また当社では1人あたりの担当社数を限定しております関係上、無料サイト診断を行わせて頂いております。
SEO対策としてサイト調査をさせて頂いた方へのご提案

弊社からのウエブサイト改善提案、お見積り

ヒアリング調査でのお話をもとに、弊社がお手伝いできることを明確にご提示させていただきます。貴社のWEBサイトにおけるSEO対策の改善点はもちろん、オンラインの集客として見た時のサイト活用法など俯瞰的な目線から細部にわたるまでご提案をさせていただきます。 ご提案内容にご納得していただいた場合、貴社の状況に合わせて柔軟に支払い等対応させていただきます。(完全成功報酬・毎月定額・集客数に応じてなど)

担当SEOディレクターからご挨拶

弊社では、1社1担当者制度を取っております。担当者が直接ご挨拶に伺わせていただきます。 より良いサイト運営には、弊社だけで行うことは出来ません。貴社のことを担当者が知り尽くし、二人三脚になってサイト運営を行う必要があります。 そのために、貴社の経営者もしくは担当者の方の方々が、ご不安なく目標に向かって行けるようお付き合いさせていただければと思います。

SEO対策サービス開始

担当者SEOディレクターとの面談時に、方向性の再確認をさせていたきます。

その後にSEO対策を実際に行なって参ります。

眠ったままのホームページを“最強の営業マン”

 ホームページ はもはやほぼ全ての企業が持っていると言っても過言ではありません。
税理士によると、銀行でさえも自社のウエブサイトがないところは信用してもらえないそうです。
しかしながら、多くの企業がホームページを持っていながら活かしきれていないというのが現状です。
なぜなら、そのホームページ に来てもらうための集客設定とメンテナンスが出来ていないからです。 
CREATAS は、豊富な実績をもとに貴社にあった形でのベストな集客設計を行い、キーワード選定からサイト分析を一気通貫で行います。

当社がSEO対策で行なっている7つの施策

1、SEO対策を行う目的を意識したキーワードの選択

SEO対策を必要になってくるのは、なぜサイトを見てもらいたいかです。その理由次第では、集客をしたいのか、ブランディングをしたいのかなど、ユーザーの最終的なアクション次第で施策方法が異ってきます。 当社では、貴社との打ち合わせの中で、SEO対策の意義について話し合い、最適なキーワード提案を行います。

2、内部対策を徹底し、ペナルティー、仕様変更に強いサイト作り

CREATASでは、内部対策を徹底することにより、Googleなどによるペナルティーや仕様変更によるランキング低下の可能性を極力下げ流ようにしております。事実、ペナルティーは過去に一度も伺っておりません。また、施策中に1度でもペナルティーを受けた際には全額の返金、契約の解除をしております。ご安心ください。

3、読者目線を徹底したSEO対策という名のサイトの作り込み

内部施策の徹底ということもあります通り、一番大事になってくるのは、読者、つまりはユーザー目線です。ユーザーがどれだけ使いやすいサイトになっているのか、ユーザーに必要な情報、有益な情報がすぐにアクセスできるのかが、ウエブサイトのSEO対策にも直結してきます。

4、Googleが掲げる10の原則に即した対策

Googleが掲げる10の原則(https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja)があります。 こちらに即した情報管理およびEAT(専門性/権威性/信頼性)がある内容の記事を二人三脚で作り込めるように努めています。

5、低品質記事、リンク切れなどコンテンツの改善、追加

低品質記事というのは、他のサイトの類似記事やURLのリンク切れなどユーザーに対して有益と思われないような記事のことです。CREATASでは、このような記事がないように施策を1記事ずつ行なっております。

記事ごとのターゲットキーワードなどを考えながらオリジナル性かつEATが高い記事つくりを意識しています。

6、サイトスクロールがしやすいサイト設計

クローラーが巡回しやすいサイト設計にすることにより、サイトをしっかり読み込んでくれるようになるのでクローラビリティが向上し、サイトのランキング向上に繋がります。

これは、サイトデザインとは無関係のところであり、サイト内外のリンクが大切になってきます。

7、サイトへの流入、離脱や滞在経緯を調査し、流入者数増加、滞在時間延長を目指す

SEO対策で一番大事になってくるところです。それがサイト分析です。

ウエブサイトへの流入経路、変遷、離脱、滞在時間を調査し変更必要箇所をご提案いたします。またこれによってデザインやコンテンツの修正なども適宜お手伝いいたします。

お問い合わせ

SEO対策・ウェブマーケティング等のご質問・案件のご相談を希望される方は、以下「お問い合わせフォームはこちら」よりお進みください。

CTAテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ボタンテキスト

CTAテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ボタンテキスト

CTAテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ボタンテキスト

CTAテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ボタンテキスト

CTAテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ボタンテキスト

CTAテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ボタンテキスト

メニューを閉じる